works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
大怪獣バラン Varan
英語タイトル

大怪獣バラン Varan

東宝/モノクロ・トーホー・パン・スコープ/87分
昭和33年10月14日公開

(同時上映「僕は三人前」)

製作
田中友幸
原作
黒沼健
脚本
関沢新一
監督
本多猪四郎
撮影
小泉一
美術
清水喜代志
録音
小沼渡
宮崎正信
照明
金子光男
音楽
伊福部昭
監督助手
梶田興治
特技監督
円谷英二
撮影
荒木秀三郎
有川貞昌
美術
渡辺明
照明
岸田九一郎
合成
向山宏
大怪獣バラン Varan大怪獣バラン Varan

(解説)
『ゴジラ』の海外ヒットを受け、外国向けのテレビ映画として製作された作品。最終的には日本でワイド化して劇場公開された。原案は『ラドン』と同じ黒沼健。

――東北・北上川上流の秘境で、神としてあがめられている婆羅陀魏(バラダギ)。その正体は、中生代の恐竜バラノポーダ・バランの末裔であった。
怒り狂って村の家屋を襲撃し、壊滅させてしまうバラン。自衛隊はロケット弾で進撃を阻止しようと試みるが、驚くべきことにバランはムササビ状の羽根を展開し、空中へ逃げ去るのであった……。
日本の奥地の神秘ムードと怪獣による破壊、自衛隊による近代戦と、怪獣映画の諸要素を本多猪四郎監督は抑制の効いた演出で、見事に一本の映画としてまとめあげた。


大怪獣バラン Varan

杉本生物学研究所の杉本博士(千田是也)と魚崎健二(野村)、由利子(園田)たち

大怪獣バラン Varan

本読み風景。左より藤木悠(当初出演予定だった)、本多監督、園田あゆみ、野村浩三

大怪獣バラン Varan

自衛隊の対潜哨戒機の実物大セットに乗り込み。自らお手本を示す

大怪獣バラン Varan

エキストラに弾頭の込め方を指導する

出演

野村浩三
園田あゆみ
千田是也
平田昭彦
村上冬樹
松尾文人
土屋嘉男
田島義文
山田巳之助
瀬良明
本間文子
草間璋夫
伊藤久哉
桐野洋雄
山田彰
生方壮児
伊原徳
川又吉一
中島春雄
手塚勝巳

大怪獣バラン Varan

ロケ先で。天気待ちだろうか

大怪獣バラン Varan

大怪獣バランから逃れる由利子と健二

大怪獣バラン Varan

左の写真と同じ偵察座席のセットで俳優に演技指導する本多監督


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.