works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
こだまは呼んでいる
An Echo Calls You(1959)

こだまは呼んでいる

東宝/モノクロ・東宝スコープ/87分
昭和34年1月22日公開

製作
市川久夫
脚本
棚田吾郎
監督
本多猪四郎
撮影
芦田勇
美術
北辰雄
録音
伴利也
下永尚
照明
高島利雄
音楽
斉藤一郎
監督助手
長野卓
こだまは呼んでいるこだまは呼んでいる

(解説)
──甲府盆地の一角、韮崎の駅と山の上の宿木村をつなぐ定期バスは単なる交通手段にとどまらず、メッセンジャーとして住民たちの生活の支えにもなっていた。その運転手・鍋山と車掌のタマ子は自他共に認める名コンビ。30を過ぎて独身の鍋山はふだんはガミガミと怒鳴ってばかりいるが、九十九折りの険しい山道で熟練した誘導ぶりを見せるタマ子は彼にとって、誰よりも頼りになる相棒だった。
そんなタマ子に地元の名家、平沢家の一人息子との縁談が持ち上がり、彼女に好意を持っていた鍋山は内心穏やかではない。一方、決まりきった毎日に飽き足らなくなっていたタマ子は「結婚は二人で一生懸命に作り上げていくものだ」という鍋山の言葉に励まされ、試験結婚のような形で平沢家の嫁入り修行に勤めるのだが……。

無愛想な中年のバス運転手と町の人気者のバスガールを主人公にしたコメディタッチの人情ドラマ。ミュージカルでも活躍した雪村いづみが主題歌・挿入歌を歌い(曲名等のクレジットなし)、由利徹・南利明・八波むと志・内海突破・若水ヤエ子ら昭和を代表する喜劇俳優陣が脇を固めている(由利徹の持ちネタ「カックン」のギャグも登場)。
男女を結びつける竜神祭り≠フシーンは、デビュー作「青い真珠」の大日様の祭りや「東京の人さようなら」の船霊様=Aさらには怪獣映画の祈りの大群舞にも通じる、自然と人間をつなぐ祭り=神事への関心を示すもの。また家柄を重んじる平沢家の母子(沢村貞子、藤木悠)の描写には、宇宙人によるマインド・コントロールと同じく人間の自由を否定し、型にはめてしまうことへの異議≠ニいう本多作品の基本テーマが反映されている。


こだまは呼んでいる

撮影用のバスをバックにしたスタッフと出演者の記念撮影

出演

池部良
雪村いづみ
沢村貞子
飯田蝶子
千石規子
藤木悠
左卜全
沢村いき雄
横山道代
若水ヤエ子
南利明
由利徹
八波むと志
内海突破
小柳久子
笹るみ子
藤尾純
小桜京子
出雲八重子
伊東隆
馬野都留子

こだまは呼んでいる

口げんかばかりしていた鍋山(池部良)とタマ子(雪村いづみ)は、お互いにかけがえのないパートナーだったことに気づく

こだまは呼んでいる

渋い二枚目の池部良が珍しく喜劇的な演技に挑戦。美空ひばり、江利チエミと共に三人娘として活躍した雪村いづみの勝ち気で明るいキャラクターは、まさにザ・本多ヒロイン!


page top
(C)1959 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.