works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
美女と液体人間 H-Man
英語タイトル

美女と液体人間 H-Man

東宝/カラー・東宝スコープ/87分
昭和33年6月24日公開

製作
田中友幸
原作
海上日出男
脚色
木村武
監督
本多猪四郎
撮影
小泉一
美術
北猛夫
録音
三上長七郎
宮崎正信
照明
西川鶴三
音楽
佐藤勝
監督助手
梶田興治
特技監督
円谷英二
撮影
荒木秀三郎
有川貞昌
美術
渡辺明
照明
城田正雄
合成
向山宏
美女と液体人間 H-Man美女と液体人間 H-Man

「かくて液体人間誕生」
 監督 本多猪四郎

 生物史によると、氷河期に絶滅した爬虫類に代り、哺乳動物が誕生し、人類の繁栄をみるに到ったが、若し大気が放射能で汚され、人類が絶滅した時、新しい生物の登場という事も考えられよう。
 この映画の製作に当り、僕は東海村の原子炉を見学したり、東大原子核研究所の斉藤理学博士にお話をお伺いして、新生物の誕生も決して不可能なことではないと思った。
 想定された液体人間とは、核実験下に死の灰を浴び、物理的化学的ショックにより全細胞が液体化した人間である。所がこの液体人間を映画の上で表現する事は中々困難で、結局、綿密なトリックと、高度な写真技術がこの作品の生命となっている。
 さてどういう液体生物が生まれるか? 円谷さんも僕もその完全な姿は最後の完成品まで確認することが出来ないという全く苦心惨憺たる現状だった。
(東宝スタジオ・メールより)

(解説)
核実験の影響で液体に溶ける人間の恐怖を描いた作品。扇情的な題名どおり、性や麻薬など大人を対象にした映画である。
原作は海上日出男。

――豪雨の中で自動車に衝突した男が消えるという怪事件が発生した。遺留品から麻薬が発見されたことから警察は密売者の仲間割れと判断し、失踪した男の情婦をマークする。だが、事件は思わぬ方向へ進展した。液体状の生命体が男に襲いかかり、その身体を溶かしてしまったのだ……。
本多猪四郎監督は、暗黒街的のサスペンスを夜景や雨天の多い陰鬱な雰囲気で盛りあげ、襲われた人間も液化する吸血鬼的なホラー映画の要素も取りいれた。火炎放射で下水道に液体人間を追いつめるシーンでは、本編と特撮の見事な融合が見られる。


美女と液体人間 H-Man

キャバレー・ホムラのセットで、白川由美。右端は撮影の小泉一

美女と液体人間 H-Man

初期のイメージ・スチール

美女と液体人間 H-Man

ダンサーのエミー(園田あゆみ)とギャングの内田(佐藤允)

美女と液体人間 H-Man

液体人間を対峙した直後のスナップ。左より政田(佐原健二)、新井千加子(白川由美)、富永捜査一課長(平田昭彦)

美女と液体人間 H-Man

本多組の完成記念集合写真

出演

佐原健二
白川由美
千田是也
平田昭彦
佐藤允
小沢栄太郎
田島義文
土屋嘉男
伊藤久哉
北川町子
白石奈緒美
三島耕
山田巳之助
中村哲
園田あゆみ
藤尾純
山本廉
中丸忠雄
瀬良明
加藤春哉
大村千吉
広瀬正一
林幹
桐野洋雄
夏木陽介
中島春雄
手塚勝巳

シナリオの一部

美女と液体人間 H-Man

ロケ先で陣頭指揮の本多監督

美女と液体人間 H-Man

白川由美と佐原健二に演技指導中

美女と液体人間 H-Man

液体人間に襲われる初期のイメージ・スチール


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.