works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
地球防衛軍 The Mysterians
The Mysterians(1957)

地球防衛軍 The Mysterians

東宝/カラー・東宝スコープ(ワイド)/88分
昭和32年12月28日公開

(同時上映「サザエさんの青春」)

製作
田中友幸
原作
丘美丈二郎
潤色
香山滋
脚本
木村武
監督
本多猪四郎
撮影
小泉一
美術
安倍輝明
録音
宮崎正信
照明
岸田九一郎
音楽
伊福部昭
監督助手
梶田興治
特技監督
円谷英二
撮影
荒木秀三郎
有川貞昌
美術
渡辺明
照明
城田正雄
合成
向山宏
地球防衛軍 The Mysterians地球防衛軍 The Mysterians

「初の空想科学映画に」
       本多猪四郎

「地球防衛軍」は、これまでの「ゴジラ」や「ラドン」よりも数倍スケールが大きく、一そう本格的な空想科学映画として企画している。従って新しい特殊技術の領域を拡げ、それに対して戦いを挑むことに努力を傾注する積りである。いいかえれば、映画史上、最も特殊技術の真面目を発揮した作品とし、最もスケールの大きい空想科学映画にしたいと考えている。それとともに「地球防衛軍」には東西両陣営という意識を払拭して、全人類が一つになって平和な生活を造りたいという、世界の素朴な願望を映画の底流として織りこみたいとも考えている。
(東宝スタジオ・メールより)


本作からスコープサイズ、立体音響となり大型化した。原作は丘見丈二郎。米国・ソ連による宇宙開発競争を背景にした空想科学映像の先駆的作品である。

――不審な山火事、大規模な陥没など、富士山周辺では怪事件が相次いでいた。さらに地中から巨大な怪獣モゲラが出現し、周囲は大混乱に陥る。
母星を喪失した遊星人ミステリアンが密かに拠点を築いていたのだ。甘い言葉を重ねる異星人に侵略の意志があると判断した地球側では、諸外国が手を結んで地球防衛軍を結成。
かくしてミステリアンとの壮絶な決戦が幕を開けた……。
本多監督は次々と先鋭的なメカニズムが登場する大スペクタクル作品の攻防戦を、緊張感あふれるタッチで一気呵成に描きぬいている。


地球防衛軍 The Mysterians

ロケに協力してくれた自衛隊の自衛官と談笑する

地球防衛軍 The Mysterians

ミステリアン総領(土屋嘉男・左)と

地球防衛軍 The Mysterians

安達博士(志村喬)と渥美(佐原健二)

地球防衛軍 The Mysterians

怪遊星人ミステリアンにさらわれる直前の江津子(白川由美)と

出演

佐原健二
白川由美
河内桃子
平田昭彦
志村喬
藤田進
土屋嘉男
伊藤久哉
小杉義男
山田巳之助
中村哲
大川平八郎
笈川武夫
ジョージ・ファーネス
ハロルド・エス・コンウェイ
加藤春哉
大村千吉
佐田豊
三原秀夫
三條利喜江
今泉廉
大友伸
中丸忠雄
中島春雄
手塚勝巳

地球防衛軍 The Mysterians

自衛隊の行軍を撮影する。サングラスが本多監督。その右は助監督の梶田興治

地球防衛軍 The Mysterians

河の魚が死んでいるのを発見するシーン

地球防衛軍 The Mysterians

ミステリアンのお化粧直し。中央は白石亮一(平田昭彦)


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.