works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works

Rodan (1956)

東宝/カラー・スタンダード/82分
昭和31年12月26日公開

(同時上映「眠狂四郎無頼控」)

製作
田中友幸
原作
黒沼健
脚本
木村武
村田武雄
監督
本多猪四郎
撮影
芦田勇
美術
北辰雄
録音
宮崎正信
照明
森茂
音楽
伊福部昭
監督助手
福田純
特技監督
円谷英二
美術
渡辺明
照明
城田正雄
合成
向山宏

「焦点 ラドン」
 監督 本多猪四郎

 私はゴジラ≠一昨年作りましたが、当時は日本映画始まって以来の試みである怪獣映画であり、全く経験のない仕事であるだけに多少冒険的な気持も手伝い、とにかく不満足乍らも、一生懸命作りました。御蔭でゴジラ≠ヘ当時の流行語にもなり、大変嬉しく思っております。そこで今度空の大怪獣ラドン≠製作するに当って、よくゴジラ≠ニ比較されて解釈され勝ちですが、ところが全く違うと云い度いのです。それはゴジラ≠ェ主に水陸を暴襲したのに比べラドン≠ヘ水陸空にわたり、しかも大空を超音速で飛び廻るので、遙かに行動範囲も拡く、それにイーストマンカラー総天然色であるからです。私の演出意図としては単なるお伽噺でなく、真実性を持たせ度い。つまり充分な科学性の裏づけのある嘘でないものを作りたいのです。総天然色で描くと怪獣映画にしては画面が綺麗すぎやしないかと考えられますが、私は別の意味で大きな抱負を持ってます。
 ゴジラ≠ェ大衆に愛された様に、ラドン≠烽ワた、それにまして美しい楽しい大人も子供も親しめる娯楽作品にしたいと信ずるからです。
(「東宝サンデー藝能」昭和31年11月25日)

(解説)
 ゴジラに次ぐ2作品目の怪獣映画である。前回とは違いイーストマンカラー総天然色であった。
総天然色で描くと怪獣映画にしては絵が綺麗すぎないか?それ故に苦労し、別の抱負も湧いてきた。
空の大怪獣ラドン、空を超音波で駆け回り、都会を破壊して行く。その中にも人間模様、自然界の悲しみと言った物が盛り込まれている。
ゴジラ同様、科学的な裏付けの有る、嘘でない物を作りたい。ゴジラが大衆に受けたようにこのラドンも必ず楽しんでもらえる作品にした。此が狙いであった。

本作で怪獣映画はカラーの時代を迎える。原作は怪奇現象ライターとしても知られる黒沼健。
北九州の炭鉱に長期ロケを敢行し、古代の翼竜ラドンが空から巻き起こす破壊を立体的に描いている。

――坑道内で人間が斬殺されるという怪事件が連続し、家屋にヤゴが巨大化したような怪物メガヌロンが上がりこみ、大きな被害をもたらした。
時を同じくしてジェット戦闘機が大空を高速飛行する物体と遭遇。それは阿蘇山内に棲息していた古代翼竜が巨大化した怪獣ラドンであった。
メガヌロンはラドンの餌に過ぎなかったのだ……。
本多監督は、一種のミステリー仕立てになった物語展開を堅実に演出、市井の風景に突然侵入してくる異形の怪物の恐怖を描き抜いている。


坑道内のセットにて撮影中の本多監督(右端)

奇怪な事件が起きた坑道内を捜索する警官と炭坑夫たち(絵コンテより)

空へ舞い上がったラドンの衝撃波でジープが吹き飛ばされる特撮の名場面

ラドンの誕生を目撃して記憶を失った河村繁(佐原健二)と、看病するキヨ(白川由美)。本多監督の丹念な指導が続く。

ラドンと出演者を合成した宣伝用スチール

ラドンが地中から出現するシーンの絵コンテ

出演

佐原健二
白川由美
平田昭彦
小堀明男
村上冬樹
中田康子
山田巳之助
田島義文
松尾文人
水の也晴美
如月寛多
草間璋夫
大仲清二

坑道内で殺人事件が起こり、キヨの住む炭鉱町に緊張が走る

キヨの家に古代昆虫のメガヌロンが出現するシーンの絵コンテ

阿蘇山の噴火に呑み込まれるラドンの最期。下は同シーンの絵コンテ

ラドンの初期イメージのデザイン画


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.