works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
ゴジラ
Godzilla (1954)

東宝/モノクロ・スタンダード/97分
/昭和29年11月3日公開

製作
田中友幸
原作
香山滋
脚本
村田武雄
本多猪四郎
監督
本多猪四郎
撮影
玉井正夫
美術監督
北猛夫
美術
中古智
録音
下永尚
照明
石井長四郎
音楽
伊福部昭
監督助手
梶田興治
特殊技術
円谷英二
渡辺明
岸田九一郎
向山宏

「本多監督 談」

奇想天外の空想映画だ。迫力を持たせながら、面白い映画にしてみたい。この種の映画の迫真性が問題になるが、映画技術としては東宝の特殊撮影技術陣が全知能を挙げて解決してくれるだろう。しかし、私の狙う真実は水爆下の恐怖に戦く現代人の心理的デフォルマションである。破壊の恐しさと絶望が、この映画のフィクションの中から切々と心に迫り、一つの反省を与えれば私としては望外のよろこびだ。
(東宝スタジオ・メールより)

広島と、長崎に落とされた原爆。人類をいとも簡単に破滅させてしまう恐ろしい核兵器。
人類はその恐ろしさを知っているはずなのに核実験は行われ、日本の漁船第五福竜丸が被爆した。なぜ?
八年の戦争経験、そして復員途中で見た広島、覆い被さる恐怖感。
G作品を通じて表現出来ないか、娯楽映画の中、誰も試みた事のない怪獣映画、不安の中で真剣に取り組む。
作る側の真剣な気持ちがあれば怪獣映画でも成功する。そして、必ずや理解してもらえる。

怪獣映画というジャンルを開拓した記念碑的作品。以後、特殊技術の円谷英二とのコンビネーションによる作品が本多監督の中心となっていく。

(解説)

――各国が原水爆実験を続ける世界情勢下で、日本近海では謎の海難事故が続いていた。
政府は調査団を大戸島へと派遣するが、古生物学者の山根博士はそこでジュラ紀の恐竜が原水爆の影響で巨大化した怪獣と遭遇する。
島の伝説に基づいて“ゴジラ”と命名されたその怪獣は、ようやく敗戦から復興に向かいつつあった首都東京へとその針路を向けた。
いかなる兵器もゴジラには有効ではなく、夜の都心は炎に包まれていく……。
本多監督は、この圧巻のスペクタクル映画を徹底したリアリズムに基づく確かな人間描写で支えている。


ゴジラ登場と東京上陸シーンの絵コンテ

ロケ先の旅館でくつろぐ左より玉井正夫(撮影)、志村喬、本多監督、河内桃子、宝田明、平田昭彦

ゴジラ登場シーンの台本

出演

志村喬
河内桃子
宝田明
平田昭彦
堺左千夫
村上冬樹
山本廉
鈴木豊明
高堂国典
榊田敬二
林幹
馬野都留子
鴨田清
岡部正
小川虎之助
恩田清二郎
菅井きん
東静子
手塚勝巳
石原忠(佐原健二)
中島春雄

ゴジラを大きく見せた照明

ゴジラを初めて発見する山根、田辺(村上冬樹)たち

恵美子を助ける尾形(宝田明)の演技を指導中の本多監督


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.