works biography top page contact us messages top page
menu1menu2
works
宇宙大戦争 Battle in Outer Space
Battle in Outer Space

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

東宝/モノクロ・スタンダード/93分
昭和34年12月26日公開

(同時上映「サザエさんの脱線奥様」)

製作
田中友幸
原作
丘見丈二郎
脚本
関沢新一
監督
本多猪四郎
撮影
小泉一
美術
安倍輝明
録音
三上長七郎
宮崎正信
照明
石川緑郎
音楽
伊福部昭
監督助手
梶田興治
特技監督
円谷英二
光学撮影
荒木秀三郎
撮影
有川貞昌
美術
渡辺明
照明
岸田九一郎
合成
向山宏
宇宙大戦争 Battle in Outer Space宇宙大戦争 Battle in Outer Space

(解説)
『地球防衛軍』の続編的作品として製作された空想科学映画。宇宙時代と科学技術の急進を予見し、時代設定を映画の6年後1965年に定めている。

――宇宙ステーションが怪円盤の襲撃を受け大破、地上でも冷却線の被害と思われる怪事件が続発した。
地球の科学者たちは対抗手段として熱戦砲を開発、侵略者ナタール人の基地が存在すると目される月面へ向け、宇宙ロケット“スピップ号”を差し向けた。
だが、ナタール人は恐るべき企みを乗組員に仕掛けていたのだ……。

本多監督は異星人に操られる男の葛藤を悲劇的に描きぬいている。宇宙空間を舞台に科学の粋をこらした超兵器が飛び交い、光線砲で決戦を行うクライマックスは伊福部昭の音楽との相乗効果で興奮もの。


宇宙大戦争 Battle in Outer Space

ロケ先で、勝宮と江津子のデート・シーン

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

オスマン・ユセフ(スピップ2号の乗組員)は日本語に達者で、シルビア(エリス・リクター)に本多監督の意志を伝える通訳の役目も果たした。

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

スピップ号乗組員を指導する本多監督

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

スピップ号発射のシーンを演出中

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

白石江津子(安西徹子)と勝宮。ナタールの円盤群を攻撃する所だ。

出演

池部良
安西郷子
千田是也
土屋嘉男
伊藤久哉
高田稔
村上冬樹
レン・スタンフォード
ハロルド・コンウェイ
ジョージ・ワイマン
エリス・リクター
桐野洋雄
野村浩三
沢村いき雄
熊谷二良
津田光男
岡部正

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

宇宙大戦争 Battle in Outer Space

宇宙大戦争 Battle in Outer Space


page top

Copyright (C) IshiroHonda.com All Rights Reserved.